育児で困ってる事があれば検索してみよう!
質問日時:2017/04/17 23:05
「仕事が辛くて当たり前」なら、何故子どもを産むのか
Facebookでシェアする Twitterでツイートする LINEで友達に教える
疑問に思いました。
「仕事は辛くて当たり前」というのなら、大人になったら、うまく就職できたとしてもつらい毎日を送るハメになると分かっているわけですよね?
それなのに何故そう言ったことを言う人たちは子どもを作って産むのですか?
私は子どもが好きですし、かわいいだろうな、産めるなら欲しいなと思いますが、こんな世の中では産んだところで20年後には恨まれると思います。かわいいから産みたいと産むならちょっと自己中すぎると思います。
私自身、苦しむことが分かっているのになぜ産まれた(作られた)のかと思います。
今の20~30代のワーキングプア世代の親はまだ高度経済成長期~バブル頃を経験していて、希望があったのかもしれませんが、それでも「昔はもっと大変だった」、「仕事は辛くて当たり前」などと言います。だから、例え高度経済成長期を経験してても、働くことの過酷さは分かってはいるはずです。
なのになんで子どもを産むのでしょうか。ひどいめにあうと分かってるのに、子どもを地獄に送りたいのでしょうか。
少子化対策に貢献するためとか、年金のためとかは一個人では考えないと思いますし、「自分の老後を見てもらうため」と考えている戦前レベルの考えの方を除いて、子どもの幸せを願っていると言うと思うんですが……
何故「仕事は辛いもの」と言いながら子どもを産むのでしょう?
回答日時:2017/05/04 00:16
>「仕事は辛くて当たり前と言う人は」何故子どもを作るのか?
仕事の辛さと、子供を生んで育てる辛さは別モノだからでしょう。
逆の見方をすれば、子供が出来て育てなければいけないから、仕事の辛さも我慢できる・・・という価値観です。
辛いのは変わりませんが、天秤に掛けてどっちが重いか軽いか・・・という次元では計れません。

\ この記事を友達にも教えよう! /

Facebookでシェアする Twitterでツイートする LINEで友達に教える

関連するQ&A

この記事が気に入ったらいいね!してね!

【免責事項】

本サイトに掲載されるQAコンテンツはエヌ・ティ・ティレゾナント株式会社運営の 教えて!gooのQAコンテンツをもとにしたものです。QAコンテンツの著作権は投稿者等各権利者に帰属します。QAコンテンツの正確性については何ら保証されるものではありません。