育児で困ってる事があれば検索してみよう!
質問日時:2018/11/01 14:32
流産その後について
Facebookでシェアする Twitterでツイートする LINEで友達に教える
10数年前に初めての妊娠、その後流産しました。
妊娠8~9週だったと思います。
心臓の動きが確認できず、1週間後に再び検査、その後流産の手術?と受けました。
そのあと少ししてから、主人と二人で水子供養のつもりでお参りだけ行きました。

その1年後に妊娠、出産、また2年後に妊娠、出産をし現在二人の子持ちです。

子供達は中学生となり、あなたたちの前にお兄ちゃんかお姉ちゃんがいたんだよと伝え
流産の手術の日を命日とし、赤ちゃん用おせんべいを買ったりしていました。
お仏壇とかはないのでただ手を合わせるだけです。

しかしそれも、ここ数年は忘れてしまっていました。

流産を経験したことのある方、その後どうしていますか?


私は命日を数日過ぎてしまいましたが、思い出したので今日また赤ちゃん用おせんべいを買って
手を合わせようと思っています。
回答日時:2018/11/05 00:25
私は 流産ではなく死産でした。
毎月 月命日に 供養していただいた、お寺に お参りに行っていましたが、子供が産まれ、手がかかり行けなくなりました。

しかし、そこのお寺の方に言われたことがありまして、とても大切なことなので よかったら読んでください。

水子は、この世に「姿」「容」をまったく残すことなく天国へ召されたのです。そのため、お子さまの存在を知って、心からの愛情を注いであげることのできる方は、母親(父親)しかいないのです。たとえ天国へ召されたとしても、自分を愛してくれる人が誰もいないということは、とても切なく哀しいものです。

⚫️親としてなにができるのか?
水子は、この世に「姿」「容」をまったく残すことなく天国へ召されたのです。そのため、お子さまの存在を知って、心からの愛情を注いであげることのできる方は、母親(父親)しかいないのです。たとえ天国へ召されたとしても、自分を愛してくれる人が誰もいないということは、とても切なく哀しいものです。

天国の赤ちゃんへの一番の贈り物は、親としてずっと忘れないでいてあげることです。愛と感謝のお気持ちをいつまでも持ち続けてあげることです。

慈悲あるお地蔵さまでも与えることができないものが、1つだけございます。それは、実の親の愛情なのです。親の愛情は、召されたお子さまにとってすばらしい贈り物でございます。

一部抜粋してます。

おせんべいや手を合わせることではなく、その子を忘れず思ってあげるだけでいいのです。
命日とか気にしなくていいです。

\ この記事を友達にも教えよう! /

Facebookでシェアする Twitterでツイートする LINEで友達に教える

関連するQ&A

この記事が気に入ったらいいね!してね!

【免責事項】

本サイトに掲載されるQAコンテンツはエヌ・ティ・ティレゾナント株式会社運営の 教えて!gooのQAコンテンツをもとにしたものです。QAコンテンツの著作権は投稿者等各権利者に帰属します。QAコンテンツの正確性については何ら保証されるものではありません。